お父さんになれなくて、パパになる。

親としてのキモチ

皆さんは、自分の子供に何て呼ばせてますか? これから呼ばせようと思ってますか?

 a0027_002833_m

パパは軟弱なイメージ

私が小さい頃は、パパ、ママと呼ぶのは、すごく軟弱な子供のイメージがありました。まあ、たぶん、ドラえもんのスネ夫やのび太がそう呼んでいたので、その影響かもしれません。なので、私は「父ちゃん」「母ちゃん」と呼んでいました。

そういった流れの中で、自然と自分に子供が出来たら、絶対にパパとは呼ばせないでおこうと心に誓っておりました。

我が家が、スネ夫のような資産家の家ならともかく、ありきたりの一般庶民ですので「お父さん」か「お父ちゃん」が妥当であると思っていましたし、どうせ思春期を迎えると「おっさん」とか「クソじじい」なんてぞんざいな呼ばれ方に変わりますから。 「パパ、パパ」からの急降下感が計り知れなくて恐ろしい。

善は急げども、焦りは禁物

善は急げという訳で、息子が言葉を理解し始める2歳になった時に、まずは「お父さん」が私を指す言葉だと認識してもらおうと、お風呂場などの二人きりの空間などで練習を始めました。

まあ、嫁とどちらが先に「お父さん」「お母さん」と呼ばれるのか、という秘かな競争をしていので、どこかに焦りがあったことは否めません。

湯船で、私は自分を指さしながら、ゆっくりと「お・と・う・さ・ん」「お・と・う・さ・ん」と、何日も繰り返し教え続けました。その努力の結果、「お父さんは?」という私の質問に対して、息子は自分を指さしてしまうという、「あー、そういうオチもあるのね…」という結果に。

教え方が悪かったのか、息子の中では「お父さん」という単語は、自分の事を示す代名詞になってしまってました。そして、同じ時期に進めていた「お母さん」計画も同様の結末を迎えていました。

その後、何度も覚え直しを試みましたが、全く効果はなく、逆に子供が混乱し始めてるのが見て取れたので、致し方なく「お父さん」という単語を捨て去る事にしました。

そうして結局、幼児が覚えやすいと評判の「パパ」という言葉を使わざるを得ない状況に。ただ。関西には「おとん」という選択肢もありますが、さすがにちょっと、浪速臭が強すぎますので、これは却下しました。

何の因果か、お父さんになるつもりが、パパになってしまいました。

最初は、人前でパパと呼ばれたり、言ったりするのも抵抗を感じていましたが、段々どうでもよくなって、今では、何の恥じらいも無く、「パパの言う事聞かないと玩具捨てるぞ!」と叫んでおります。 将来「クソじじい」なんて呼ばれる日が来る事を恐れながら。

あ、それなら、いっその事先回りして、今から「クソじじい」と呼ばせるという手もありますね。

参考データ:家での呼び名は「お父さん・お母さん」派と「パパ・ママ」派に二分される!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

親としてのキモチ
子供に自転車の乗り方を教える方法

自分がどうやって教えてもらって自転車に乗れるようになったのか、全く記憶にないので、俺流で息子に乗り方 …

親としてのキモチ
FJKフォーラム「子ども虐待防止マラソン」に参加してきました。

FJKフォーラム「子ども虐待防止マラソン」に参加してきました。メインのスピーカーは、元宮崎県庁の職員 …

親としてのキモチ
男が父親になる日はいつか?

男は、子供ができると、自然に親父になるもんだと思っていました。 でも、いざ自分に子供ができてみたもの …